お問い合わせ
  • HOME
  • 庭付き平屋
  • 新築
  • 改築
  • 家相
  • 施工事例
  • こだわり
  • 会社概要
  • お知らせ
  • お問い合わせ
  • プライバシーポリシー

家相とは

家に働くエネルギー

家相とは

家相はその家に住む人の健康と運勢に大いに関係があります。
家相の良い家を建て、その家に住むことによって運命を自分の力で開拓することができます。

家に働くエネルギー

家とは天運創造の最良の手段です。 家と天運は不離一体であり、不即不離(つかずはなれず)の関係にあります。
故に良い時を選んでよい家相の家を新築、改修して移転すれば一層の天運を創造することができます。 そして此の一大試練の時代を物心両面の余裕をもって乗り越えることが出来るのです。


更に私達は良き地相を選び求め、之を得て其処に時を選んで再び良き家相の家を新築完成移転できれば 天運招来の上から全く鬼に金棒の盤尺の基礎の上に立つことができます。
台風、火災、地震、病魔、交通災い、不況等、不測の災害は不断に私達の四囲(まわり)にあり 何時突如として襲ってくるか解りません。


そうした時私達を強く守護してくれるのは数千年の昔より伝わる故智(昔の人が用いた知恵)であり、 学問であり、気学であり、そして此れの開運招福の良き家相なのです。

八方位にあらわれる吉相、凶相

家の八方位

家の八方位

家相は方位を8つに分けて家の吉凶をみていきます。
八方位とは東西南北(四正)とその間の東南、南西、西北、北東(四隅)の8つの方位のことです。
気学では四正を30度、四隅を60度に分けます。


八方位それぞれについて、どの方位が出張っているか、欠けているか?各方位一つ一つについて調べます。


家の中心、すなわち家の太極の決定が正確でないと、家相の吉凶についての正確な判断はできないことになります。

用途ごとでみる幸せを呼ぶ家相

玄関、リビング、キッチン、寝室、子供部屋など、各用途があり、それぞれ適した方位と適さない方位があります。

(例)玄関における吉相・凶相

人を出迎え、送り出す。良い知らせも悪い知らせもやってくるのが玄関です。
玄関は多くの場合、温かく来訪者を迎えることが理想とされています。 その意味から、「辰巳の玄関」と称して東南の位置に玄関を設けることが一番理想とされているのです。

◆避けた方がよい方位

西南


裏鬼門にあたり、玄関には不向きで、病者が相次いで生じ、その点で苦労します。


東北


表鬼門にあたるため、玄関には不向き。 人の出入りが多くなったり少なくなったりしますので、来訪者にムラがでます。

玄関における吉相・凶相

◆理想的な方位

東南


訪問者の多い相です。近所はもちろん、遠方からの来訪者が多く、繁栄・発展の相です。



運気が上昇する方位。とくに新しい分野での活躍が期待できるでしょう。

吉相の家づくり・吉方移転

吉相の家を造るには、土地の形状も重要です。
また、気学を使って新築の家へと吉方移転ができれば、一層大きな幸運を手に入れることができます。

一、敷地の選び方

敷地は、出来るだけ凹凸や段差がなく、長方形、または四角形の土地を選びましょう。
二股の道路に挟まれた三角形の敷地は凶相です。事故に遭いやすく、家族の健康をそこなうことになります。 T字路の突きあたりは、事故も多く危険であり、袋小路の突きあたりは人目につきにくく、泥棒にも狙われやすく凶相です。

二、土地の選定の基準

場所に関しては、化学工場の跡地や災害、特に火事の焼跡地、神社・寺院・墓地などが近くにある土地は避けたいです。
また、埋立地もできるだけ避けたいです。

三、運気を呼ぶ入居時事を探す

吉相の家が完成したら、入居のタイミングです。
吉方移転とは、ひとりひとりの吉方位を割り出し、吉方位に当たる時期にその方位へ移転して、方位が持つ吉の効果を存分に受け取るもの。 運気を呼ぶためには吉方移転は欠かせないので、現在住んでいる場所からどの方位の土地を購入するか、しっかり計画を立てなければなりません。

凶相の家だととわかったらどうするか

一、凶相の影響は時の経過とともに強まる

家相の影響は、時が経つほど大きくなっていきます。5年、10年と住んでいる間にどんどん強まります。
とくに、大きな欠けがある家など、凶作用が強い家に住んでいると、影響力も強くなります。凶相が見つかったら、できるだけ早く手を打つべきです。

二、吉相の家に住み替える

凶相の家の解決策として、吉相の家への移転か、凶相を無くす増改築により凶相の悪影響を断ち切って、運勢を転換させていく方法があります。
増改築については必ず「気抜き」を行ってから工事をスタートします。 増改築をすると災いがあるという話がありますが、多くの場合はこの気抜きを怠ったために起こる凶作用です。

※上記に記載の内容はあくまで一例です。
様々な要素によってお客様の最適な家相は変わりますので、 詳細についてはお打ち合わせ時にお話させて頂きます。
お気軽にご相談くださいませ。

気学についてもっと詳しく

家相についてもっと詳しく

シダ住建の庭付き平屋に住もう
シダ住建と考える家相について